オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

肺腺がんとは

熱心な医師

肺腺がんとは、肺がんの一種で、肺の中にある肺腺と呼ばれる器官ががん細胞によって侵されてしまうことでなってしまう病気です。
この肺腺がんの発祥患者は非常に多く、日本のがん患者の約60%もの人がこの肺腺がん患者と言われています。
肺腺がんの発生する肺と呼ばれ臓器主な働きは口から吸い込んだ酸素を取り込み、血液に載せて体中に運ぶといった重要な役割があります。
この肺がきちんと機能しないと呼吸困難や身体の倦怠感など大きな異常が発生してしまいます。

肺腺がんは初期の段階ではあまり症状を感じることが出来ません。
これは、肺腺がんの初期症状が喘息の初期症状と似ているためです。
ですので、肺腺がんにかかってしまっても気づかず、がんが進行してしまう人が多いのです。
また、肺腺がんの症状のひとつにの身体の倦怠感は、加齢によるものと思い込んでしまう点も発見の遅さの原因とされています。

肺がんの主な治療方法として、放射線治療などの化学療法、がん細胞の摘出手術、免疫細胞療法などがあります。
放射線治療やがん細胞の摘出手術はがん治療の現場では多く見られる治療方法で、この治療を行う病院は非常に多いです。
一般的にはこの2つの治療方法を使ってがん治療が行われます。
免疫細胞療法は最近人気の出てきている治療方法です。
この治療方法は、自分の免疫細胞を使い、がん細胞を除去していきます。
新しい技術なので、まだ取り入れている病院は多くはありませんが、非常に期待のされている治療方法です。

免疫細胞療法とは、自分の身体から取り出した免疫細胞を培養し、増殖させた後にタイオ内に戻すことによりがん細胞を撃退します。
この治療法の大きなメリットとして、自分の免疫細胞を使用するので副作用が少ないといった点が挙げられます。
また、免疫細胞治療法は、他の治療と同時に行うことが出来ます。
同時に治療を行うことで治療の効果を更に高めることが出来るのです。
他にも色々なメリットがあるので気になる方は医師に相談してみると良いでしょう。